Category Archives: Leganya Bali

フルーツの王様・・・

今回も泊まった「Geria Semalung Bungalow」、夕食を終え宿に戻ってくると駐車場の脇にあるガゼボで大勢の男性がおしゃべりしていました。周りは漆黒の闇、照明が当たっているところ以外は真っ暗です。(相変わらずスマホのカメラは夜間モードもあって簡単に良く撮れる)サヌールでもよく見かける酒を飲みながらのおしゃべりかと思ったらおとなしめに果物を食べながらスマホをいじっていてるんで何やっているのかと思ったら「ドリアン」が樹から落ちるのを待っているとの事。 夜になると集まって深夜まで待つって気が長いなぁと思ったら「熟して落ちたドリアンが美味しいんだ」っていうんだけどいつ落ちるのかも分からな ......

インスタブーム・・・

ブサキ寺院の近くに面白いのが出来たっていうんで見に行きました。 カランガッサムから山道を進んで行くと横断幕に読み難いけど「TAMAN JINJA BALI」とあります。そう神社です。 入り口を入ると朱に塗られた鳥居がずらっと並んでいます。 一番奥にはひと際立派な鳥居。 やはりカップルで来る人が多いみたいで定番の「LOVE」、 やはり最近人気のブランコ、この日はイベントがあってテントなどでブランコから景色が見られなかったけどなければ面白そう。 谷をうまく利用して作ったようで2カ月ほどでここまで作ってさらに拡張予定だとか。沢山の鳥居とベンジョール、ちょっと不思議な風景で日本人としては微妙だけどこ ......

レベルの高いムルカット・・・

今回もムルカットができる所を色々探して行ってきました。 ネットで色々探してその場所の説明を何とか訳しながら読んでいってどう考えても90%以上は「そんなことないだろう」という気持ちながら10%くらいはもしかしたら「あるかも」と思いながら訪れた場所です。 バリクツアーズのけんちゃんも当然初訪問の場所、迷いながら着くと例によって階段が約200段ほど。 けんちゃんにインドネシア語の案内文を読んでもらって説明してもらうとけんちゃんも「そんなことあるのかなぁ」確信が持てなそうです。説明文にはムルカットをする時「服を着てはいけない」と書いてあるとの事でやっぱりという気持ちと服ってどの範囲までの服?パンツは? ......

いろんなオゴオゴ・・・

色々回ってオゴオゴを見てきました。色んなオゴオゴがあって見るのも楽しいけどやっぱりバリの友人グループに混ざってのパレード方が楽しいかなぁ。 デンパサールのオゴオゴ、噂通り中々良く出来てます。 このオゴオゴの足元には踏みつけられているいかにも悪そうな顔が…。 そしてニュピ明けのオゴオゴ、ちょっと哀しいような可笑しいような姿に。 ......

オゴオゴパレード…

今年もニュピ前日に行われたオゴオゴパレードに参加してきました。パレードが始まる夜、天候不安定で夕方までの物凄い雨は直前には止んだけどいつもに増して遅れた予定でパレードが始まりました。 友人のバンジャールのオゴオゴ、高く作りすぎで電線を長~い竹の棒で電線を押し上げながらパレードです。正装して歩くのは多少面倒だけどバリの人たちに混ざって歩くとより近くで見られるし参加している感があるんで楽しいです。 全体のパレードの様子はビデオで…。 バンジャールに展示されていたオゴオゴは次回に。 ......

プラスチック問題…

今年もニュピを過ごす為バリに来ています。 買い物に何店か行って聞いてはいたけど以前はほとんどの店で買い物すれば普通にくれていたビニール袋がもらえなかったです。自分は事前に聞いていたので折りたためるサイズのバッグを持ってきたのでそれで対応したけどちょっと寄って買う時に持っていない時など不便を感じるけどバリのゴミ状況を見ると仕方ないかもしれないです。 サヌールの海岸を歩いていたら大きなエビの作り物で有名なの店がこんなのを作っていました。魚のお腹にはペットボトルが入っています。海に漂うペットボトルを飲み込んでしまうのを表現しているのかな。隣にはゴミはゴミ箱へとか色々注意書きがあるけど、観光客と同時に ......

ムラスティ…

昨年11月の儀式です。宿のオーナーからこの地区のムラスティが行われるって話で正装に着替えて参加させてもらいました。帰国日の前日なんで正装の洗濯が間に合わないなぁなんてしょうもない思いが…。 メインのお寺は「Pura Bale Agung」、とりあえず自転車で様子を見に行くと準備中。 オーナーたちはJl.Punngutanにある地元のお寺に集合なんで一緒にそちらに参加です。お寺では小さな女の子たちがお祈りの真っ最中。 儀式が行われる海岸の会場までは遠いので子供たちはトラックに荷台に乗って移動です。なんかうれしそう。 イブたち大人は歩いて海岸へ。イブが頭に掲げているもの、何かをくすぶらせているけど ......

初めてのカランガッサム…

「ガンジスの聖なる水」と呼ばれている「Taman Tirtagangga」、まだ行ったことがなかったのでAmlapuraに行ったついでに寄ってみました。バリ島南部に滞在している人には遠いけど「Lempuyang」やアメドに行く時にちょっと寄り道で行けます。 行ってみて驚いたのはインスタ映え狙いの度を越した衣装の人々がたくさ~ん、どこにレンズを向けても変な衣装の人がいるし「あ~でもない、こ~でもない」と長時間粘っていてとてもじゃいなけど雰囲気を味わう感じはないです。もっと落ち着いてゆっくり回れるならもう一度行ってもいいけど、写真はほとんど撮らずでした。 この日の宿はティルタガンガから少し北上した ......

最高の場所・・・

川でムルカットを済ませた後は川岸の壁面から流れ落ちる清流で右側から順番にムルカットを進めて行きます。 シヴァ神のシンボル「リンガ」(ちょっとリアル) さらに大きなリンガ・・・ この洞窟のような場所は水が湧いているとかで少し暖かいとか言っていたけど季節的な物かも知れないけどあまり暖かさは感じなかったです。だけどこの中に入っての瞑想なんかいいかもしれないです。 そしてここの特徴一つに薬になる石があります。この場所だけ石の色が違っていて水面ギリギリにドラゴンと三人が横たわっている像が赤い石を守っているのか押しつぶされているのか、ちょっと不気味だけど・・・。ここで赤い石を削って 池の真ん中のドラゴンに ......

苔むした崖に…

昨年の続きです。 階段を下りきると苔むした崖に洞穴があったりバロンなど多くの石彫りの像があります。 マンクーも来たばかりのようでドゥーパを各所に供えて行きます。 バリクのけんちゃんもそのあとお供えを供えて行きます。 マンクーがお勤めのお祈りを始めたので自分たちはカーテンで仕切られた更衣室(そこそこ綺麗)で着替えてまず川の流れでのムルカットへ…。 川の中に身を沈めようと少し進むと見た目以上の水流で川底は岩が尖っていたりで平らな川底を探してしっかりした場所に行くまでがちょっと大変です。さらに激しい水流でサロンがはだけそうになるし。(この場所から数メートル後ろは立っても頭が出ない深さなので要注意です ......

居心地・・・

今年最後のブログは今までいろんな所にムルカットに行ったその中でも色々な面で居心地というか気持ちが落ち着くというか一言でいうととても心地よい場所です。 ここもやはりバリクツアーズのけんちゃんも知らない場所だったけどカーナビでわりとスンナリ近くまで到着、道が狭く車で行ったらUターンできるのかなぁなんて迷っていたら村人が大丈夫だよって言うんでズンズン進んで行くとワルンがある広場に出ました。 ワルンの一角に宝石類を研磨して指輪などを作っている店があったけど近くで輝石が採れるんでしょうか。安いのかな。 ワルンの前に車を停め田んぼに囲まれた道をムルカットに向かいます。 ここでもやはり何十段も階段を下りて行 ......

隠れた名店?・・・

以前はサヌールにあるお店の事なんかも書いていたけどあまりにも移り変わりが激しくてしばらくするとお店が無くなることもしばしば、そんなで最近は書かないことにしているんだけどここは大丈夫そうだと思うんで・・・。 友人のお誘いでバビグリンを食べに行きました。 店は「Babi Guling Galung」、住所はサヌールになっているけどいわゆるサヌールというイメージのところからだと歩いては行けない距離にあります。 お店はバイクの後ろに乗せてもらってしばらく走った繁華街ではない普通の住宅地にありました。 中々良く出来ている看板ですが営業時間が夜の6時から真夜中の12時まで、なんでこんな時間帯なのか不明です ......

大外れ・・・

どうせならバリでのある意味一番の思い出の場所を年内にアップしておこうと…。 毎回の事だけどバリクツアーズのけんちゃんとまだあまり知られていないムルカットが出来る場所を探して行ってきました。いつも情報が少ない場所に行くんで期待通りだったり外れだったり…。11月の始めに行った所は期待以上の所と期待大外れの所の2か所。 まずは大外れから。中々場所がわからないので道行く人に何回か聞いてやっと到着です。文字がかすれている表示を見つけてもどこにそれがあるのという感じ。 とりあえず表示板の横から畑が続いていて車も通れない細い道を歩いて行くとコンクリート造りの建物が一つ、その脇に家寺並みの小さな祠だけ…。(シ ......

Pura Kehen・・・

いつものバリクツアーズでカーチャーターしてムルカットに行く日、「Pura Kehen」でウパチャラが行われているというんでちょっと立ち寄り。バリでは有名な寺院「Pura Kehen」ですが日本語的発音で「プラ クヘン」といってもバリ人にはほとんど通じないみたいで何度も言い直してやっと通じる感じで日本語で表記しにくい何とも微妙な発音です。 全ての飾りつけが立派。 こんな時でしか見られない飾りつけ。 大勢のお参りの人々の間を縫ってマンクーの近くの場所へ。 煌びやか お祈りを終えたイブたちが大きな「Gebogan」を頭に載せてお寺を出て行きます。 急な階段でも「Gebogan」を頭に載せて ......

久しぶりの「Sebatu」・・・

いつもバリでは必ず行く予定にしているムルカット、今回もバリクツアーズに予約してあったけどその前に友人家族に誘われて何年かぶりの「Sebatu」に行って来ました。 以前は鍵付きロッカーなどなくて着替えもコソコソした思いがあったけどやはり観光客が増えたせいか大分きれいになってました。実際自分たちがいた時間帯はローカルと観光客が半々という感じ。ずいぶんと人気の場所になったようです。それに以前は入場料はなかった気がしたけどいつからかなぁ。友人家族と一緒だから払わずに入れたけど。 所々にチャナンが供えられている階段を下りて行きます。 何年ぶりかなぁと考えながら所々でお祈りをしていきます。 毎回ムルカ ......

ヨガ・・・

一昨日の深夜にバリから戻ってきました。朝10時半にバリ発のフライトだとやはり何かと慌しいです。シンガポール空港では乗継時間1時間でターミナルを移動し次のゲートまで30分近い時間表示を見た時は愕然とします。わき目も振らず早歩きで歩いても20分ほど、汗だくでゲートに入ると上級クラスの搭乗が始まってます。それでも機内に座って出発を待っていると出発時刻ギリギリに乗ってくる人がいるんでゆっくり歩いても大丈夫みたいだけど試す勇気はありません。 今回はバリに行く前からなんかヨガをしたい気分、数年ぶりにヨガを堪能です。以前何度か利用したヨガスタジオは数年前に閉店しているんで新しく探して行ったヨガスタジオは二ヶ ......

ガムラン見学・・・

友人の姉夫妻一家のガムラン演奏の練習を見学させてもらいました。友人共々海外公演もされるという演奏家ファミリーです。ちょっとだけ一緒に叩かせてもらったけど練習の邪魔になるのですぐにやめ。ごく身近でこの音を聞くだけで満足です。 ......