Category Archives: Leganya Bali

タナロット…

タナロット寺院をまともに見たのはほぼ30年ぶり、海岸からは初めての景色です。 自分たちの集団が着いた後もほかの村からどんどん到着です。 足元の悪い海岸をそろりそろりとバロンが進んでいきます。 マンクーのマントラが済んで聖水をもらおうとしても人が多くてマンクーまでたどり着くのが大変、やっとの思いで手を差し出してもらいました。みな同じような正装で友人のイブの集団から離れると迷子になりそうでした。 タナロットでのお祈りが終わって来た道を戻ります。また7km歩いて戻るのかと思ったらバイクで迎えに来てくれて3kmほど歩いただけで帰ることが出来ました。ふだんすぐそばに行くのにもバイクを使うバリの人々がこん ......

タナロットへ…

前回はバリ島での詐欺情報を緊急でアップしたので今回からまた今年の3月のムラスティの続きになります。 なんか間延びしちゃってイメージが薄くなってきた感じですが…。なにしろ5月の渡バリ事態が予定外だったんでもうすこし3月のニュピ前後の様子が続きます。 タナロットへのムラスティ、途中のお寺で休憩後ランダやバロンが急な階段を手を添えられて下りていきました。炎天下被り物をして歩き通しで大変だと思うのに途中で交代した様子もないしやはり特別な力を感じてのでしょうか。 神輿も延々と運ばれます。 タナロットに近づいてくると疲れからか歩きもバラバラ、途中のワルンやコンビニに入って休憩する人もちらほら。 やっとタナ ......

サヌールで詐欺未遂…

バリの友人の結婚式から今日帰ってきました。 いきなりですが表題の内容を記憶が新しいうちに詳しくお知らせします。ちょっと長文になります。 それは平日の夜、サヌールにあるハーディーズの閉店まで30分を切る時間に行っていくつか買い物をし最後にアクアを売っている売り場で遭遇しました。 アクアを買い物かごに入れてさてレジにというタイミングでいきなり「日本人ですか」と日本語で聞かれ「そうです」と答えると「私はサウジアラビア人です。」「日本が好きで今度日本に行きます」「1ドルはいくらです?」「日本円を見てみたいので見せてくれませんか」 彼は財布を広げ私に見せながら「おなじです」、というんですがこれはもしかし ......

Melasti…

3月のニュピの少し前、市場のイブに実家の村で行われる「Melasti」ムラスティに誘ってもらったんで行ってきました。 イブの実家はタナロット寺院の近くの村、村からタナロットまで歩いて行くっていうんでざっと調べると7km近く・・・。この距離を正装でしかもゴム草履で歩いていきます。 サヌールからイブの村までバイクの後ろに乗せてもらって小一時間、途中混雑に合わないようにと朝早く出発…早く着きすぎでした。それにしても女性が運転している後ろに座るのはうちももがお尻に触らないようにかと言って広げ過ぎるとすり抜ける時にぶつけそうだしで結構疲れます。 出発まで村の朝市をブラブラしていると トラックに載せられた ......

遠乗り…

12月のサヌール滞在中、ちょっと用事があって久しぶりに自転車でウブドまで…。 まずはエネルギーをたっぷり貯めようと朝食はサテカンビン。サテアヤムなどと比べると3倍近く高いけどこれを食べると力がわくって言われてます。 以前も利用したトランス・サルバギタを利用しサヌールからバトゥブランまでバスに乗せて交通量の多いバイパスはさけます。自転車をバスに乗せる時、乗り場とバスが離れて止まっても車掌は見ているだけで一切手伝わないです。女性なら手伝ってくれるかもですが。自転車の料金は取らないから仕方ないけど…。 バトゥブランに着くとバスから降りた乗客にベモの運転手が声をかけてくるけど自転車を押していると当然な ......

涅槃仏…

「PURA MALEN」で思いのほか時間がかかってしまい当初予定していたもう一ヶ所のお寺に寄る時間がなさそうっていうことでそれなら近くにきれいなお寺があるというので寄ってみました。 境内に入ると大きな涅槃仏…何十メートルあるんだろうという大きさです。 優しい眼差し・・・ 見るだけの人は立ち入り禁止ですがお祈りする人は建物の中に入って拝む事が出来ます。 建立されてまだ間がないのかかなりきれいな境内でした。肝心なお寺の名前を忘れたけど「PURA MALEN」から広い道に出て左折すると帰り道になるので逆に右折して数分で行けます。 ......

PURA SIWAでミルク…

PURA SIWAの境内、お参りに来ているのは一組の家族だけ、山の中のお寺だけに静まり返ってます。 境内正面に鎮座する「PALINGGIH SIWA BUDHA」見上げると中々迫力があります。 その下にはガネーシャ像、その右後ろにシワ神が祀らていました。 傍らには立派な白い牛の像。 奥に進むと「IDA BETARA LINGSIR」、狛犬代わり?のトラとヤギかな。重要なのは強さだけではないという事なのかな? この方、調べてもどどういう方なのかよく分からなかったけど長い間瞑想をしているんだろうなとは想像できます。 持参した黄色いヤシの実、中には花びらが入れられそれを食べながらヤシの実ジュースを飲 ......

PURA SIWA…

PURA SIWAに向かいます。ここにもお参りする順番が書かれています。 土足禁止なので階段下で脱いで素足で階段を上り境内に入ります。雨が降った時はかなり大変な参拝になりそうです。 境内に入るとすぐ寄付金入れが置かれているのでいつものように日本語で名前を書いて寄付金を入れます。帰りがけにここでお参りした印の赤白黒の紐がいただけます。 境内の正面、SIWA像が鎮座しています。 SIWA像の前に行く前に「LINGGA YONI」でお祈りです。台座にはヤクルトが置かれていました。牛乳のほかにヤクルトも好き。? 緑に覆われたお寺でのお祈りもいい感じです。 マンクーのマントラ、短いけど雰囲気が少しは伝わ ......

PURA MALEN…

3月のバリ、いつものようにバリクツアーズで遠出です。予約が遅かったんで希望する日が取れずバリに着いた翌日しかも8時半発というちょっと疲れるスケジュールでした。 行き先は「PURA MALEN」、バリの人には「PURA SIWA」と言った方が馴染みがあるようで場所はバトゥカウ山の西側です。グーグルマップでは2時間20分ほどと出ますが全然着きません。サヌールを出てから2時間半近くまだ掛かりそうなので休憩をかねて昼食です。山の中なのにどういう訳かイカンバカールの店。バトゥカウ山を眺めながら昼食、ワンランク上がって美味しく感じられます。 「PURA MALEN」近くからは道路が狭くしかも悪路になるので ......

母親でも…

友人のイブに娘が寺で奉納の踊りをするんで写真を撮ってと頼まれたんで久しぶりに会うので事前に本人確認して撮影に・・・。 五人で踊るようですでに衣装を纏いほぼ化粧を終えた踊り手たちは近くで見てやっと区別がつく状態、(この方は踊り手の一人) 小さな子供から奉納の踊りが始まりやがて友人の娘さんが踊りはじめます。はっきり違うとわかるのは二人だけであとの三人が区別できません。 撮影の翌日、イブに娘さんの写真を確認してもらってプリントして家に届けたら娘さんがいて「これ私じゃない!」、なんと母親でも間違えるという化粧でした。まだ11歳の娘さん、どう見ても同じ人物には見えないんだよなぁ。 ......

Priority Pass…

今回のバリ行きは久しぶりにバンコク経由のタイ航空で54,000円ほどでした。多少時間がかかっても安い方がいいのでその時によって変わるんですが乗り継ぎ時間がかかるのがネックでした。 今回某クレジットカードから申請できる「Priority Pass」を使ってみました。結論からすると思っていた以上に快適です。食事やお酒を含む飲み物も無料だし椅子もゆったりして身体をゆっくり休められます。カードの年会費からすると年5~6回ラウンジを利用するなら十分元が取れる感じです。お酒をよく飲む人なら半分でも元が取れるかと思います。 今回はバンコクで2回、バリで1回利用しました。特に深夜便を使う時は食べたくもない時間 ......

Langit berbintang Nyepi・・・

ニュピの星空、約3時間を16秒に圧縮した星の動きです。 流れ星が一瞬だけ見られます。飛行機の光跡もありますが…。 誇張した星空ではなく肉眼で見られる星空、24時間外出できない不自由はあるけどこれが見られるだけでも価値のある一日です。 ......

ニュピの星空・・・

今朝ニュピ明けのバリから戻ってきました。 バリで一回だけブログアップした後パソコンの無線が不調になりネットが使えない状態になってしまいました。パソコンでユーチューブも見られないニュピの一日は退屈でした。 ニュピの一日は前日までの曇もなく良く晴れた一日昼間はやることもなく夜に備えてのんびり、ゲストハウスで出してくれた夕食を済ませ7時過ぎからの準備です。 10時半過ぎまでタイムラプスの撮影していて部屋に戻りシャワーを浴びてベッドでのんびりしてたらいきなりの大雨、幸運な夜でした。 満天360度画像 ......

オゴオゴミュージアム…

2日前から今年もニュピを過ごす為バリに来てます。昨日行ったプラ·マレンは中々興味深いお寺でしたがアップするのは帰ってからでその前にオゴオゴが来週だと言うの前回行ったオゴオゴ美術館の様子です。 タマン・アユン寺院のすぐそばにある「Museum Ogoh-Ogoh」にPasar Desa Adat Mengwiの帰りに寄ってみました。 イブの子供たちも入れて総勢6人、入場料を払うのに小銭では足りず大きなお金では釣銭がないという事で小銭で払える金額でOKという事に。2人分くらい安くなったかな。バリでタクシー使った時に運転手がよく言う釣銭がないという逆パターン。 毎年オゴオゴを見ていると馴染みのデザイ ......

花市場…

来週はニュピだというのにまだ昨年12月の話です。 サヌールのシンドゥ市場でチャナンなどの材料を売っているイブに花の仕入れ先の市場「Pasar Desa Adat Mengwi」に連れて行ってもらいました。 アジサイが一杯積まれている車や色とりどりの花があちこちに置かれていました。 チャナンの完成品も売られています。 シンドゥ市場で売られているチャナンとはデザインが少し違うようで いろいろ見て歩くだけども楽しいです。 チャナンを供える時の必需品、ドゥーパも色んな種類が沢山。ここの市場は昼過ぎに行ってもやっているし、タマン・アユン寺院からは歩いても行ける距離なのでついでに寄るのがいいかも。 ......

ローミング…

バリのシムをそのまま日本でも入れっぱなしにしている人はあまりいないと思うけどプルサがいつまでなのか確認でシムを入れたらろくでもないSMSが思っていた以上に着信、あっという間にプルサの残りが僅かになってしまいました。シムフリーのスマホなんでどこのシムでも使えるけど国際ローミング、良し悪しです。確認はバリでしてきましましょう。 ......

街中のフード―コート…

自転車でデンパサールからの帰り道、こんなの前からあったかなぁと自転車を止めて寄ってみましたフードコート。このての店はショッピングパークなどの中にあることが多いけど周囲は普通の道路沿いにあります。 看板を見るといろんな種類の店があるようで日本食の店もありました。 ドライフルーツや、シロップ漬けの店、パパイヤやマンゴーはすぐわかるんだけど辞書で調べても「木の名前」と書かれているだけでどんなものか分からないものまであります。 出来たばかりなのか中々きれいなフードコートです。 お昼時なのにこんなに空いていて大丈夫なんだろうかと心配してしまうけど広い駐車場があるんで夜は混むのかな。次に行くまでに潰れなけ ......